日焼けするまで田舎の従兄弟 無料ネタバレ その4

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

 

「あっ・・・んんっ・・・」

 

 

自分の股間にうずくまったタケルの髪の毛を撫でながら、私は言った。

 

 

「初めて、ちゃんと自分の感情見せてくれて嬉しい。」

 

 

「涼音ちゃん・・・」

「いや……タケル……」

 

 

舌だけではなく、指が花びらに触れた。秘められた花が開いていく。舐められてじんじんとした感覚に、私は身をよじる。

 

 

「あっ、は、ふぅ……っ」

 

 

潤んだ秘花をなぞるように、熱い舌が這う。肉のひだを指先でかきわけ、その奥にひっそりと息づく快楽の芯を探り出す。

 

 

「あ、あ、そこ――あぁ……っ!」

こみ上げてくる快感に、涼音は身をよじった。

 

 

ぴちゃ、ぴちゃ、と、猫が水を飲むような小さな音が響く。彼の肩に乗せた片足が、びくっ、びくっと淫らに跳ねる。

「ああ、い、いい……っ。いい、そこ、もっと……」

 

 

「や……いや、タケル……ああっ……ああ――……っ!」

花の奥から蜜が次々としたたり落ちていく。指が秘所の奥へと深く差し込まれ、中でうごめいた。今まで覚えたことがない感覚が体中を支配する。

 

 

ぴちゃぴちゃという舌の音と、ぐじゅぐじゅという指の音。自分の身体から淫猥な音が発せられていた。

「はあん……っ、あん……あああん……っ」

 

 

「ひゃっ!」

「ああっ! や、あ、あーっ!」

びくびくと全身を痙攣させ、涼音は最初の絶頂に駆け上った。

「は、あぁ……」

 

 

リズミカルに彼のものが私の中へ挿入される。私は、腰の動きに合わせて、あぁんあぁんと甲高い声を上げた。はしたないと思っても、声があふれて止まらなかった。

 

 

「いい……いい……タケル……気持ちいいっ!」
「涼音様……!」

 

 

タケルは、股間から顔を上げて私の唇にキスした。何度も唇を重ねながら、再び私の秘部に指を差し込んで中を掻き回していく。

 

 

「あっ・・・あああっ・・・もう・・・」

 

 

「つっ・・・。はぁ。涼音ちゃんの中、さっきより熱くなってる。」

「タケル、これ使ってよ。」

 

 

「涼音ちゃん・・・。」

タケルは私の左足をソファの上にグッと押し上げると、股間に自分のペニスを押し付けてきた。タケルのペニスが私の秘部に挿入ってきた瞬間、私は大きくのけぞり、ソファの布を握りしめた。

 

 

「あっ・・あっ・・・タケル。やっ・・もう・・いっちゃうよ。」
「ふぅ・・・あっ、涼音っ・・・んっ」

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。