日焼けするまで田舎の従兄弟 無料ネタバレ その3

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

彼のモノがもっと欲しい、と思うようになっていたから。

 

「あっ、あっ、あっ……いく、いく、いきそう……!」

 

 

頭の奥で白い光が見え、私は一際大きな声を上げた。そして壁に手をつきながらゆっくりと床に崩れ落ちる。
そんな私の様子を見たヒロトくんはモノを抜き取り、それを私の目の前に突き出した。

 

 

「あん…あん…いやぁ。」

 

 

ヒロトの手が下着の中に入ったとき、既に密壺からは十分すぎるほどの愛液が溢れていた。

 

 

「愛美のここ…すごいよ。もうぐちょぐちょ。」

 

 

ヒロトの太い指が私の中に入ってきたとき、私はもう我慢できなかった。

 

 

「ヒロトっ!ああっ!」

 

今度は腰を上下させて入り口から奥までを力強く擦る。

 

 

「はぅん! いいの! ヒロトさん、もっと奥に来て!」

 

 

私がねだるとヒロトさんは下から腰を突きあげた。脳天まで衝撃が伝わる。

 

 

 

「ヒロトさんの赤ちゃんが欲しいの。もう二度と会えなくていいから、私に赤ちゃんをください」

 

 

ヒロトさんは目を細めて微笑むと下からガンガンと腰を突きげてくる。

 

 

「あん! あん! ひゃん!」

 

「愛美ちゃんのイヤラシイ蜜がいっぱいついてる」

 

 

 

 

「やん……」

私が顔を背けると、ぐりぐりと口元に押し当ててきた。きれいにして、ということらしい。
確かにヒロトくんのモノはまだしっかりと勃っていて、まだ満足していないようだった。

 

 

「ん……分かった」

「イヤっ!あぁぁん!まだ…ダメ…。」

 

 

イッたばかりの密壺の中のヒロトの指、クリトリスを舐めまわすいやらしい舌…私はもう自分の欲望を抑えることはできなかった。

 

 

「ヒロト…もう入れて。」

 

 

ヒロトの股間に手を伸ばすと、そこにははち切れそうなほど怒張したペニスがあった。

 

 

「これが欲しいの?」

「うん…もう入れて。我慢できない…。」

 

あ、と大きく口を開けて彼のモノを含む。根元をしっかりと手で持ち、舌先で先端を舐めながら吸いつく。

「はぁ……愛美ちゃ、んっ、エッチ……」

 

「あっ、愛美ちゃん……俺もう限界、口に出していい?」

「いいよ……出して」

「はぁ、はぁ、うっ……あっ」

 

 

 

チュブチュブチュブ・・・・

 

ヒロトさんは私の口の中で白濁の精液を出し絶頂を迎えた。

 

 

「きゃぁん! 深いぃ、ああ、きもちいい!」

 

 

「僕も気持ちいいよ。愛美、コンドームをつけるから一度抜くよ」

 

 

「だめ! このまま、このままでください。奥にたっぷり出してください」

「愛美……」

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

 

ヒロトのペニスが、ものすごい勢いで私の中に入ってきた。

 

 

私の中はもう十分すぎるほど潤っていて、ヒロトのペニスが入る瞬間にグチュっといやらしい音を立てた。

 

 

『美味しい・・・』

思わず呟いた。

 

 

『あぁ・・・愛美さん・・・ダメだ・・・逝きそうだよ・・・』
『ダメ・・・まだ逝かせない・・・』

 

 

 

「愛美のここ、気持ちいい…超ぐちょぐちょで…あぁ…締まってる…。」

「あっ!愛美!…俺イキそう…。」

 

 

「私も…あっ!ああああああんっ!イクっ!」

 

 

 

『我慢できないよ・・・逝きそうだ・・・』

何度目かのその言葉を聞いた時、

『ヒロトさん・・・お口の中でに全部出して・・・』

 

 

「あぁん、もっと!ヒロト…もっと!」

あまりの快感に私は自分で腰を動かし、ヒロトのペニスを咥えこんだ。

 

 

ヒロトのペニスは奥まで届いている…

「はあっ!ああん…うんっ…あん…あんっ!」

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。