日焼けするまで田舎の従兄弟 無料ネタバレ その2

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

 

「あーーっっ。ヒロトさんっっ…気持ち…いいっ…。あっダメっ…イキそう…あっっ…んーーーっっあっ…」

 

 

「愛美さん…すぐイッちゃいましたね。次は僕も気持ちよくなっていいですか?」

 

 

いつのまに脱いだのか 目を開けると反り返ったアソコが見えた…。

 

ヒロトは強く愛美の乳房をわしづかみにした。

「うん。私も…イク…イク…あぁ!」

愛美の体に、ヒロトの体がぐったりと覆いかぶさる。優しくキスをしてヒロトはこう言った。

 

 

 

「愛美さんのここ、温かくて気持ちいい…。動きますよ。」

「あっ…ん。っあっっ…」

 

 

だんだん早くなる腰の動き。
気持ちよすぎて 恥ずかしさなどどこかへいってしまっていた。

 

 

 

「大丈夫。キレイだ。愛美。ちゃんと気持ちいい顔見せてみろ。ほら、もう1回言ってみろよ」

 

「お前…絶対にオレにはまるかと思ったのに…オレがはまるな(笑)」

 

 

ヒロトさんは途中何度か 痛くない?と確認しながら奥までゆっくり挿れてくれた。

 

 

ヒロトは、愛美の陰部を固くなったペニスでずっとさすり始める。

「はあ…はあ…お願い…。あっ…。ねえ、お願い」

 

 

「ちゃんと言えよ!」

 

足を上げられ限界までガンガン突かれ、全身がびりびりし始める。愛美は、ヒロトの腕に必死にしがみついた。

 

 

「愛美…イクぞ」

 

 

「ヒロト…さんっっ…うっ…。はげし…いっっ。また…イッちゃう…んーーーぁっっ。」

 

 

「僕も…イキそう…」

 

 

2人同時に果てた。

ヒロトさんはしばらく優しく抱きしめてくれた。

 

「入れてください。ヒロトさんのおっきくなったの…欲しいです。入れてください」

 

 

「よくできたな」

ヒロトは、愛美の奥深くまで突き上げ続ける。

 

 

「あっ、あぁぁぁ…」

「お前スゴイ…きつくなってきた」

 

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。

 

「ヒクヒクしてる……」

 

 

ヒロトくんはしゃがんで私のアソコに顔をうずめた。そして、じゅう、と吸いつくと舌先でクリを舐め回す。

「あっ!」

 

 

「愛美ちゃん。声、我慢して」

「お尻を俺に向けて突き上げて」

と指示した。

 

私はセックスの癖でつい言うことを聞いてしまう。

 

ヒロトくんはスカートをめくると、露わになった私のお尻に自分のモノを当てがった。

 

 

「あっ、ちょっと待――」

 

 

私は慌てて自分で口を塞いだ。けれど、ヒロトくんは舌の動きをさらに激しくする。
そればかりか、今度は指を中へ挿れて掻き回してきた。

 

 

「んっ! んんっ、はぁ、ん、んー……っ!」

 

 

両方の刺激に頭がおかしくなりそうなほど感じてしまう。バイブとは違う快感に、私は腰をよじらせた。

「た、ヒロトく……だめ、こんなことしちゃ……っ」

 

 

 

「んっ、そういうことじゃ……なくて、あんっ……」

 

 

「ああー……愛美ちゃんの中、すっごい気持ちいい」

 

 

「(どうしよう、またイッちゃう……!)」

 

「あっ、ごめ、ごめんなさい……!」

 

《無料試し読みはこちら》
▽   ▽   ▽
クリック!!


無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください。